Health Checks

増加してきた理由

Health Checks

不妊治療を受けられるクリニックが増加している背景には、施術を行った結果妊娠を実現できる可能性が高まった上に、一般的なものとして認識されるようになってきたという理由やクリニックの努力もあるとみられています。

Read More

現状と予算を知る

Health Checks

不妊治療を受ける家族は日本において全体の2割前後に相当するため、かなり重要な問題として扱われます。費用のことはもちろんですが、どのような方法を利用できるのか、予算はいくら必要か、よく調べて話し合っておくのが大切です。

Read More

年齢の変化による影響

Health Checks

産婦人科を利用して出産を希望する夫婦が増えているのは、結婚年齢や出産年齢の増加によって起こる身体リスクの増加や、医療機関としての高品質なサポートに期待してのことだと見られています。

Read More

事前に知れば良い

Health Checks

不妊治療を大阪の鍼灸院ではじめませんか。もう不妊に悩むのは終わりにしましょう。評判の鍼灸院はココでチェックできます。

活力が湧いてくる妊活マカを摂取しよう!元気なベイビーが誕生します。良い商品を選んで毎日の生活に取り入れて下さいね。

不妊治療に必要な検査や費用を事前に確認しておきましょう

不妊治療のための検査には種々あります。 そして、検査にかかる金額は施設、状況により差があります。 初期の不妊治療で、保険適用なら1回の治療費は数千円で済みそうです。 排卵時期を予測して性行為を行うというタイミング法では、保険が適用されます。 子宮の形や大きさ、卵管の通過性等を確認する子宮卵管造影検査は6千円から1万5千円程度と言われています。 そこから、高度生殖医療にあたる人工授精は保険の適用がないため、1回2万円前後となります。 体外受精に進むと差が大きく、20万から60万円程度と言われています。 費用の状況としては、医療機関の立地や設備等の状況によっても違いが出てくると思いますが、大都市圏では高く、地方では若干安い傾向があると言えます。

時代の流れにより事情は変化しています。

今では不妊治療という言葉を耳にすることも多いですが、以前は治療もまだ一般的ではありませんでした。 イギリスで体外受精が世界で初めて成功したのは1978年、日本では1983年の初めて成功しています。まだ40年も経っていません。 体外受精ができなかった時は、卵管狭窄や男性の原因による不妊に関しての対応ができなかったということです。 そこから医療は進化し、卵管の通過が思わしくないと疑えば、卵管造影検査によって妊娠しやすい状況も作り出されます。 また、無精子症等による男性不妊の原因に関しては、手術で元気な精子を取り出すことができれば、体外受精も可能なのです。 不妊治療技術は発展し、妊娠を希望すれば、治療方法も選べる時代になりました。